2018年8月アーカイブ

2018.08.13.Mon

フリーランスになる前は、デザイン事務所に勤務していました。
デザインの仕事がしたい、本が好き、という漠然とした想いだけを抱えて
会社に入り、この仕事を覚えました。
会社は神保町にあり、ふりかえれば神保町に馴染んでだいぶ長い時がたちます。

昨年の8月の終わりに
社長が亡くなり、早くも一年がたとうとしています。

ぱたっと倒れてそのまま亡くなったそうです。
なんと潔いのか。

おれはぽっくり逝くから

以前冗談のように言っていたのに、本当にぱっと逝ってしまった。
お通夜で、お別れをしました。


それからしばらく経って
週末出かけた帰りに、三省堂へ寄ろうと神保町で地下鉄を途中下車し地上へ出て、
白山通りとすずらん通り、さくら通りの交差点まできた時に
ふと

あぁ、もうこうやって神保町でばったり会うこともないんだなぁ

と思った瞬間、はじめて寂しさが込み上げてきて
もういないんだということを、改めて実感しました。

社長は週末も仕事をしていることが多かったので
神保町へ行くと、時々道でばったり会うこともあって
軽く喋ったり、お茶を飲んだりすることもありました。

日常の小さな出来事かもしれないけれど
冗談を言ったり、怒られながら励ましてもらったり
たくさんいろんなものをもらっていたのだなと思います。

肉体には限りがあるし、動ける時間も限られています。
ぐるぐる回り道もたくさんしましたが
私は自分の歩かなくてはならない道の中に、どっぷりいると思います。
これからも。

後悔のないように。
あぁよかったなぁと思えるように。



今日はきっとどこかに降りてきているのでしょう。
初盆の夜に。